レクチャーコンサート「ハプスブルク周縁の響き」

   レクチャーコンサート「ハプスブルク周縁の響き」は1月26日(日)に開催されました。 多くの方々にご来場いただき誠にありがとうございました。当日の模様はこちらから

レクチャーコンサート「ハプスブルク周縁の響き」 ※チラシはこちらから


 曲目リスト

 


レクチャーコンサート「ハプスブルク周縁の響き」申込受付は終了しました。

applicationform_1

開催日:2014年1月26日(日)〈13:30開場〉14:00開演-16:00終演
会場:大阪大学大学会館 講堂   入場無料
定員:300名(受講生/一般 ) 未就学児童入場不可  定員につき申込受付終了
出演:北住 淳(ピアニスト/愛知県立芸術大学教授)、筒井はる香(音楽学者/同志社女子大学・神戸女学院大学講師)、伊東信宏(音楽学者/大阪大学大学院文学研究科教授)
お問合せ:E-mail  concert0126@gmail.com 

※プログラム(曲目)はこちらから


 大阪大学が所有するベーゼンドルファー社1920年製のピアノを中心にしたレクチャー・コンサート。
 この楽器を生んだウィーンという都市が、ウィーンっ子だけではなく、ハプスブルクの周縁部からの上京者たちから出来上がっていたのと同じように、この楽器で奏でるに相応しい音楽は、ウィーン生まれのものだけではなく、ハンガリーやチェコやポーランドの要素をも含みこんだものでした。新たに音楽の担い手、聞き手になった新興の市民たちは、民族的/民俗的要素を含んだ、より分かりやすい音楽を求め、それが19世紀の音楽の在り方を変えていきます。
 今回の演奏会では、そんな観点からのお話もまじえて19世紀ピアノ音楽を辿ります。演奏は、東欧音楽に造詣が深く、数々の伝説的名演を生んできたピアニスト、北住淳さん。また、ピアノの歴史について博士論文をまとめた筒井はる香さんには、ベーゼンドルファー社の歴史も語ってもらいます。

伊東信宏 


hp20140126                                                   


11月30日(土)に開催されたワークショップの模様はこちらからご覧ください。