レクチャー・コンサートの企画運営

平成25年度プログラムは終了しました。

大阪大学が所有するベーゼンドルファー社の1920年製のピアノを中心にレクチャー・コンサートを開催します。この文化的価値をもった楽器の演奏者としては、中欧の音楽に造詣の深い北住淳氏(愛知県立芸術大学教授)を招き、レクチャーはピアノの歴史について博士論文を書いた筒井はる香氏(同志社女子大講師) が担当します。なお、連携機関ザ・フェニックスホールの協力を得て、秋に演奏会企画に関するワークショップを行います。
事業担当者/伊東信宏(大阪大学文学研究科)

「レクチャー・コンサートの企画運営」ワークショップ

「レクチャー・コンサートの企画運営」