7. サイトスペシフィック・アートと都市魅力創造

「名村造船所跡地30年の芸術実験プロジェクト NAMURA ART MEETING'04-'34」は、世界的な課題でもある近代化に伴う重工業地帯の活性化への寄与と共に、既存の文化施設とは異なる芸術環境の新たな可能性を示唆することを目指し、芸術の提示、考察、検証、記録を課題としたプログラムを隔年で実施している。「都市魅力創造と社学連携共同事業 アートエリアB1鉄道芸術祭」は、企業・大学・NPOの共同運営によるコミュニティースペース(アートエリアB1)を拠点にして、中之島地域の活性化事業として、鉄道の創造性に着目した分野横断的な企画展・プログラムを2010年より開催している。この2つの事業の当年度テーマと企画内容を軸にして、本授業ではグループワークによる各事業に関連するプログラムの企画立案を行い、近代産業遺産の文化的活用や都市魅力に資する芸術文化の関するアートマネジメントについての見識や実践知を高める。

programpic7

 Vol.1:「名村造船所跡地30年の芸術実験プロジェクト NAMURA ART MEETING'04-'34」

開催日:
a)平成26年7月26日(土)14:00~18:00 ※本プロジェクト参加者必修
8月23日(土)30(土) 14:00~17:00
b-1)平成26年10月25(土)
b-2)平成26年12月9(火)
b-3)平成27年1月17(土)
会場:名村造船所跡地コーポ北加賀屋(大阪北加賀屋)他
対象:a)受講生のみ、b) 受講生・一般
講師:ゲストアーティスト、木ノ下智恵子(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)

Vol.2:「都市魅力創造と社学連携共同事業 アートエリアB1鉄道芸術祭」

開催日:平成26年10月18日(土)、12月23日(火・祝)
会場:アートエリアB1及び中之島エリア、大阪大学内キャンバス等
対象:受講生・一般
講師:ゲストアーティスト、木ノ下智恵子(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)