4. 国際ワークショップ――芸術と公共性

ドイツの演劇・パフォーマンス研究者カイ・ファン・アイケルスを招き、公共的な空間のなかで人々の集団が形成されるさいに、芸術がどのような役割を担うのか、という観点からワークショップを行う。特に注目するのは、人々の身体が相互作用するなかで生じる「同期」(シンクロナイズ)の現象で、それが芸術において、また広く社会の中でどのようにして表れるのかを探究する。

programpic4

HP掲載用

開催日:平成27年3月7日(土)、8日(日)
会場:大阪大学
対象:受講生・一般
講師:Kai van Eikels(ベルリン自由大学客員教授)、田中均(大阪大学文学研究科)