1. フェスティバルの理念と運営

芸術祭の企画と運営のための理念と方法を、文化政策についての考え方や具体的事例、現代芸術学、美学、演劇史、音楽史、現代アート論などから多面的に講義する。平成26年7月には芸術祭企画運営への導入として、国内有数のメセナ機関であるセゾン文化財団より講師を招き、各事業担当者とともに文化政策や芸術学に関する講義をする。平成27年3月には受講生自らの企画によるゲスト講師を交え、プログラム終了に際して総括的なシンポジウムを行う予定。

①-1フェスティバルの理念と運営
オープニング・セミナー「フェスティバルの理念と運営」
開催日:平成26年7月5日(土)、6日(日)     詳細はこちらから
会場:大阪大学 芸術研究棟1階  芸3講義室
対象:受講生・一般(一般受講は7月5日のみとなります)一般受講申込はこちらから
講師:久野敦子(セゾン文化財団)、各事業担当者

①-2フェスティバルの理念と運営

クロージング・シンポジウム「芸術祭と未来」(仮題)
開催日:平成27年3月 ※詳細は決まり次第告知
会場:大阪大学
対象:受講生・一般
講師:受講生の企画によるゲスト講師ほか

※オープニング、クロージング共に全受講生必修