カテゴリー別アーカイブ: 8. ドキュメンテーション/アーカイヴ

3/6 クロージング・シンポジウム開催のお知らせ【申込不要、入場無料】

大阪大学文学研究科主催で始まった芸術祭は今年度で3年目を迎えます。

平成27年6月から始まった、本年度の芸術祭は3月で終わりとなります。

最後に全体を統括する、クロージング・シンポジウムを開催いたします。

このクロージング・シンポジウムは受講生によって、立案・企画・制作されました。

今回のシンポジウムでは徳島県神山町のアーティスト・イン・レジデンスを取り上げました。

国際文化村をつくろうという県のプランから1999年に始まった、神山町でのアーティスト・イン・レジデンスは、現在では  取り組み自体も自立し、特に海外のアーティストからの注目を集めています。

また、この動きがワーク・イン・  レジデンス(企業誘致)や人口の転入にもつながり、まちづくりにおいてもその取り組みが注目を集めています。

今回はその取り組みの考え方、実践例を紹介しながら、アートマネジメントの考え方や、アートの社会に対する  活かし方、可能性などについてスタートメンバーであるNPO法人グリーンバレー副理事長  森氏にご講演いただき、

その他受講生による現地レポートも含め、参加者を交えて意見交換、情報共有を行います。

申込不要、入場無料で、どなたでもご参加頂けます。大阪大学中之島センターでお待ちしております。
クロージング・シンポジウム
“ひとを支える、まちを変える、しごとをつくる“アートのちから””

日時:2016年3月6日(日)14:00〜17:00(13:30 受付開始)

場所:大阪大学中之島センター 講義室304(入場無料、申込不要)

講演「“ひとを支える、まちを変える、しごとをつくる“アートのちから”~神山町アーティスト・イン・レジデンスの軌跡~」

講師:NPO法人グリーンバレー副理事長森昌槻氏 (神山アーティスト・イン・レジデンス初代会長)

当日のスケジュール予定
14:00~ 開会あいさつ
14:10~ 企画者の受講生による神山町の紹介、報告、森氏との対話など
15:00~ 森氏講演
16:00~ 意見交換、質疑応答
17:00~ 閉会あいさつ

(時間は予定です。変更になる場合があります。)

「声フェス」クロージングチラシ

「声フェス」クロージングチラシ.PDF

 

事業8 「ドキュメンテーション/アーカイヴ vol.2」勉強会

ダンス・アーカイヴに関する公開講演のお知らせ

7月に始まったドキュメンテーション/アーカイヴ事業では、本フェスティバルを”アーカイヴする”という動機をいかにかたちにするかいまだ試行錯誤中です。本事業を締めくくるにあたり、改めてドキュメンテーション/アーカイヴを、それを営む人間の行為、身体知に焦点をあてて見直す機会を設けたいと思います。
講師のズザンネ・フェルマー氏は、1980年代以降の”記憶芸術”の興隆や記憶と記録をめぐる社会的な議論を踏まえ、記憶遺産の創造的利用によりめざましい成果を上げているドイツのパフォーミング・アーツ、とりわけダンスの専門家です。文化遺産としての舞踊創造の促進を打ち出した文化政策とそれを受けた新たな創作群、ピナ・バウシュの遺産のアーカイヴ化などで注目されるドイツのダンス・シーンについて、具体例を交えてお話いただきます。講演を通して、物理的な対象のないプロジェクトやイベントを残すとは、現状でいかなる文脈に置かれ、未来の何に資する仕事なのか?みなで考える糸口になればと思います。

講演:舞踊における時限的な場所としてのアーカイヴ ”The Archive as Temporal Situation in Dance”

日時:2月20日(土)13:30-15:00

会場:大阪大学中之島センター 講義室702

料金:無料

言語:英語(逐次通訳つき、通訳:伊藤拓)

お申し込み:特に不要ですが、準備の都合上、お名前と人数だけ、メールで簡単にお知らせいただけますと助かります。

お申し込み・お問い合わせ先:koefespublic@gmail.com[担当:古後]

講師:スザンヌ・フェルマー Susanne Foellmer  ベルリン自由大学(演劇学、舞踊学)准教授。

主な研究領域は、コンテンポラリーダンスとワイマール期のダンスの美学と身体論、ダンスと映像やビデオといったメディアの関係、コンテンポラリーダンスとパフォーマンスにおけるジェンダー論的視点、時間性やパフォーマンスの歴史性に関する概念。 2004年春よりドイツ研究振興協会(DFG)の研究プロジェクト “ÜberReste. Strategien des Bleibens in den Darstellenden Künsten” (On Remnants and Vestiges. Strategies of Remaining in the Performing Arts)を進めている。
ダンスカンパニーRubato、ジェレミー・ウェイド、イザベル・シャッドらのドラマトゥルクを務めた経験もある。2008-2011年にかけてベルリン州文化庁・ダンス演劇部門審査委員会委員、 2009年博士論文でベルリン大学賞・ティブルティス賞受賞、ベルリン自由大学エルンスト・ロイター賞最終ノミネート。

主要研究業績:Valeska Gert. Fragmente einer Avantgardistin in Tanz und Schauspiel der 1920er Jahre [Fragments of a Vanguard Dancer and Actress in the 1920s] (2006), Am Rand der Körper. Inventuren des Unabgeschlossenen im zeitgenössischen Tanz [On the Bodies’ Edge. Inventories of the Unfinished in Contemporary Dance] (2009), “Next Generations: Thoughts on the Now in the Future”, in Dance [and] Theory, edited by Gabriele Brandstetter and Gabriele Klein (2012).

 

「声なき声、いたるところにかかわりの声、そして私の声芸術祭Ⅲ」レポートについて

課題:A4用紙2〜5枚程度で、以下の3つの問について答えてください。

問1.「声フェス」の8つのプログラムのうち、あなたはどれに参加しましたか?日付も含めてお答えください。
*答の例:6月27日のオープニング・セミナーに参加。

問2.問1で挙げたプログラムに参加して何を学びましたか?

問3.今年度の芸術祭で学んだことを今後どのように生かしていきたいですか?

提出先: koefes@let.osaka-u.ac.jp

なおメールの件名は「声フェス3レポート(氏名)」としてください。

締め切り:2016年2月12日(金)13時(必着)

(注意)

1.修了の判定は、必修の4ポイントを含む10ポイントを履修したかどうかとレポートの2つの観点から行います。

2.修了が認められた受講生には、修了書を授与します。

3.授与式は平成28年3月6日(土)のクロージング・シンポジウム後に行います。

事業⑧「ドキュメンテーション/アーカイヴ」vol.2映像WS 第三回

「ドキュメンテーション/アーカイヴ」

vol.2 映像ワークショップ 第三回

本アーカイヴでは、映像をドキュメンテーションの中心に置きたいと考え、
そのための技術共有ワークショップを随時開催します。
第三回は下記の日程に決定しました。

内容:
大阪大学豊中キャンパスのメディアラボのMacを使って、撮影してきた映像の編集に挑戦します。
取り込み、切り貼り、音声調整、字幕入れ、書き出し、共有まで、基礎をひととおりできるようになることが目的です。
インタビュー撮影のシミュレーションを行います。

【開催決定】
日時:10月10日(土)16:00〜19:00
講師:神澤真理
会場:大阪大学 豊中キャンパス メディアラボ

事業担当者、問い合わせ先:古後[koefespublic@gmail.com]

事業⑧「ドキュメンテーション/アーカイヴ」vol.2映像WS

「ドキュメンテーション/アーカイヴ」

vol.2 映像ワークショップ 第二回

本アーカイヴでは、映像をドキュメンテーションの中心に置きたいと考え、そのための技術共有ワークショップを随時開催します。
第二回は下記の日程に決定しました。

内容:
大阪大学豊中キャンパスのメディアラボのMacを使って、撮影してきた映像の編集に挑戦します。
取り込み、切り貼り、音声調整、字幕入れ、書き出し、共有まで、基礎をひととおりできるようになることが目的です。
インタビュー撮影のシミュレーションを行います。

【開催決定】
日時:9月6日(日)15:00〜17:00
講師:神澤真理
会場:大阪大学 豊中キャンパス メディアラボ

事業担当者、問い合わせ先:古後[koefespublic@gmail.com]

【受講生・一般】ドキュメンテーション/アーカイヴ 9月27日 vol.1歴史的記録の転用とパブリック・カンバセーションの設計【変更のお知らせ】

「声が聞かれる場をつくる——クリストフ・シュリンゲンジーフ作品」

記録映画の上映会とパブリック・カンバセーション
日時:9月27日(日)12:30-19:00 (+30分ほどのダイアログあり)
場所:アートエリアB1

12:30- 記録映画『友よ!友よ!友よ!』上映

13:50- 記録映画『失敗をチャンスに』上映
※チラシでは15:30となっていました。訂正しお詫びします。

15:30- 映画版『フリークスター3000』上映《日本初公開》

17:00-19:00  (+30分ほどのダイアログあり)
パブリック・カンバセーション ファシリテーター:陸奥賢

ファシリテーターには、「まわしよみ新聞」「直観讀みブックマーカー」「関西顔ハメ看板普及委員会」「俺ベス10!」「非常食パーティー」「大阪あそ歩」などの考案者、陸奥賢氏を迎え、氏考案の「まわしよみ新聞」を行います。

「まわしよみ新聞」へのご参加はお席が限られるため、下記フォームよりご予約をお願い致します。
>>>http://goo.gl/forms/NBpRIsF4vn

【変更とおわび】
当初「当事者研究スゴロク」を予定しておりましたが、シュリンゲンジーフ作品と強く呼応するこの数ヶ月の社会の動き方と事業趣旨に鑑みて、最終イベントでは話題の選択幅の大きな「まわしよみ新聞」に変更を決めさせていただきました。
直前の変更、お知らせとなりましたことをお詫び申し上げます。

【ダイアログ開催】
『フリークスター3000』上映後17時頃〜
「まわしよみ新聞」完成後19時頃〜 (30分ほど)
陸奥賢氏とダイアログの場を設けます。
お時間のゆるすかぎりおつきあいいただけましたら幸いです。

企画全体の詳細は特設ページ[http://schlingensief.jimdo.com/]にてご覧いただけます。

事業⑧「ドキュメンテーション/アーカイヴ」お知らせ

「ドキュメンテーション/アーカイヴ」の次回説明会、勉強会が決まりました。
8日は7月19日に欠席された方への説明も兼ねております。
直前のご案内となり申し訳ありませんが、ご都合お繰り合わせの上、ご参加下さい。

1)19日の講座を受けて話し合ったアーカイヴ方針と、具体案の説明会
※19日に欠席された受講生は、是非ご参加ください。
日時:8月8日(土)11:30〜12:30
講師:久保田テツ
会場:アートエリアB1
※同じ会場で12:30より事業⑧vol.1「声が聞かれる場をつくる クリストフ・シュリンゲンジーフ作品」を開催します。

2)声フェス⑧vol.2 映像ワークショップ
本アーカイヴでは、映像をドキュメンテーションの中心に置きたいと考え、そのための技術共有ワークショップを随時開催します。
ご希望の方は、下記調整さんに記入とあわせて、古後[kogo@let.osaka-u.ac.jp]にもご一報ください。メールでは、これまで映像を扱った経験、WSへの要望をお書き下さい。
https://chouseisan.com/s?h=d5669c89ee5a43049c938e76611e4454
内容:
大阪大学豊中キャンパスのメディアラボのMacを使って、撮影してきた映像の編集に挑戦します。
取り込み、切り貼り、音声調整、字幕入れ、書き出し、共有まで、基礎をひととおりできるようになることが目的です。

【開催決定】
日時:8月17日(月)15:00〜17:00
講師:神澤真理
会場:大阪大学 豊中キャンパス メディアラボ

事業担当者、問い合わせ先:古後[koefespublic@gmail.com]