カテゴリー別アーカイブ: 4. AIR アーティスト・イン・レジデンス<受講生企画 Vol.1>

3/6 クロージング・シンポジウム開催のお知らせ【申込不要、入場無料】

大阪大学文学研究科主催で始まった芸術祭は今年度で3年目を迎えます。

平成27年6月から始まった、本年度の芸術祭は3月で終わりとなります。

最後に全体を統括する、クロージング・シンポジウムを開催いたします。

このクロージング・シンポジウムは受講生によって、立案・企画・制作されました。

今回のシンポジウムでは徳島県神山町のアーティスト・イン・レジデンスを取り上げました。

国際文化村をつくろうという県のプランから1999年に始まった、神山町でのアーティスト・イン・レジデンスは、現在では  取り組み自体も自立し、特に海外のアーティストからの注目を集めています。

また、この動きがワーク・イン・  レジデンス(企業誘致)や人口の転入にもつながり、まちづくりにおいてもその取り組みが注目を集めています。

今回はその取り組みの考え方、実践例を紹介しながら、アートマネジメントの考え方や、アートの社会に対する  活かし方、可能性などについてスタートメンバーであるNPO法人グリーンバレー副理事長  森氏にご講演いただき、

その他受講生による現地レポートも含め、参加者を交えて意見交換、情報共有を行います。

申込不要、入場無料で、どなたでもご参加頂けます。大阪大学中之島センターでお待ちしております。
クロージング・シンポジウム
“ひとを支える、まちを変える、しごとをつくる“アートのちから””

日時:2016年3月6日(日)14:00〜17:00(13:30 受付開始)

場所:大阪大学中之島センター 講義室304(入場無料、申込不要)

講演「“ひとを支える、まちを変える、しごとをつくる“アートのちから”~神山町アーティスト・イン・レジデンスの軌跡~」

講師:NPO法人グリーンバレー副理事長森昌槻氏 (神山アーティスト・イン・レジデンス初代会長)

当日のスケジュール予定
14:00~ 開会あいさつ
14:10~ 企画者の受講生による神山町の紹介、報告、森氏との対話など
15:00~ 森氏講演
16:00~ 意見交換、質疑応答
17:00~ 閉会あいさつ

(時間は予定です。変更になる場合があります。)

「声フェス」クロージングチラシ

「声フェス」クロージングチラシ.PDF

 

4. アーティスト・イン・レジデンス (A.I.R.) リキシャ巡行のお知らせ


「4. アーティスト・イン・レジデンス (A.I.R.) <受講生企画 Vol. 1>」では、アーティスト、ジュピター・プラダンが12月17日に来日し、滞在制作を行っています。
その成果として、リキシャを作成し大阪市内を巡行することとなりました。

1月7日にはリキシャが西成区・ナニワ企業団地協同組合を出発し、1月16日の中之島到着を目 指す旅に出ています。テーマは「Home away Home」。到着後、ゴールの中之島の新美術館建設予 定地には一週間だけの「公園」が出現します。

事業4では1年を通して、受講生企画としてリサーチやアーティストとの共同制作などを行って きました。この巡行と、それに並行して行われる企画は事業4の集大成となります。詳細は最下部の巡行スケジュール (PDF) とチラシをご参照ください。

期間中のリアルタイムでの様子やリキシャの走行地点をFacebook、Twitter, Instagram、ブログで発信しています。
Facebook : A.I.R Osaka University Art Festival
Twitter : koefes AIR
Instagram : air15npl
ブログ:http://air15npl.wix.com/air15npl
また、メール air15npl@gmail.com や電話050-5534-6345でも走行地点の確認や質問、参加 申し込みなど受け付けております。リキシャの耐久上、子どもたちが中心とはなりますが、リキシャ に乗っていただくこともできます。

④リキシャ巡行スケジュール.pdf

チラシジンリキシャoutline_omote4cチラシジンリキシャ裏outline_ura1c

 

「声なき声、いたるところにかかわりの声、そして私の声芸術祭Ⅲ」レポートについて

課題:A4用紙2〜5枚程度で、以下の3つの問について答えてください。

問1.「声フェス」の8つのプログラムのうち、あなたはどれに参加しましたか?日付も含めてお答えください。
*答の例:6月27日のオープニング・セミナーに参加。

問2.問1で挙げたプログラムに参加して何を学びましたか?

問3.今年度の芸術祭で学んだことを今後どのように生かしていきたいですか?

提出先: koefes@let.osaka-u.ac.jp

なおメールの件名は「声フェス3レポート(氏名)」としてください。

締め切り:2016年2月12日(金)13時(必着)

(注意)

1.修了の判定は、必修の4ポイントを含む10ポイントを履修したかどうかとレポートの2つの観点から行います。

2.修了が認められた受講生には、修了書を授与します。

3.授与式は平成28年3月6日(土)のクロージング・シンポジウム後に行います。

事業4「アーティスト・イン・レジデンス (A.I.R.) <受講生企画 Vol. 1>」黒崎卓氏講演のお知らせ

事業4 アーティスト・イン・レジデンス 関連企画 黒崎卓氏 講演
AIRでは、ネパールの現代美術家のジュピター・プラダンがリキシャを制作し、大阪の街を引いて歩きます。
南アジアでは現在も日常生活の交通手段として使われているリキシャの運転手の方は、どのような生活をしているのでしょうか?
現地での調査をされている黒崎さんより、お話をお伺いします。
【タイトル】「南アジアのリキシャの現状と日本の国際協力」
 
【日時】2016年1月19日(火)18時~20時
【場所】中之島センター 201
【講師】黒崎 卓 氏
 
 【イントロダクション】
南アジア(インド、バングラデシュ、パキスタンなど)のサイクルリキシャ運
転手の生活や社会的な背景と日本との関わりについてお話します。
 
【講師プロフィール】
 一橋大学・経済研究所教授。世界経済・比較経済研究部門で開発経済学、とり
わけ南アジアの経済発展について研究。インドのデリーで大規模なサイクリリキ
シャ運転手の調査を実施するなど、南インド各地で農村経済や家計・労働者、企
業家、学校教育、マイクロファイナンスなどに関する経済学的調査を実施。
【参加方法】
直接会場へお越しください。どなたでもご参加いただけます。参加費無料。予約不要。
【お問い合わせ】
air15npl @ gmail.com
【アーティスト・イン・レジデンス情報】

事業4 「アーティスト・イン・レジデンス (A.I.R.)<受講生企画 Vol. 1>」次回講座ご案内

事業4 アーティスト・イン・レジデンス 関連企画 黒崎卓氏 講演
AIRでは、ネパールの現代美術家のジュピター・プラダンがリキシャを制作し、大阪の街を引いて歩きます。
南アジアでは現在も日常生活の交通手段として使われているリキシャの運転手の方は、どのような生活をしているのでしょうか?
現地での調査をされている黒崎さんより、お話をお伺いします。
【タイトル】「南アジアのリキシャの現状と日本の国際協力」
 
【日時】2016年1月19日(火)18時~20時
【場所】中之島センター 201
【講師】黒崎 卓 氏
 
 【イントロダクション】
南アジア(インド、バングラデシュ、パキスタンなど)のサイクルリキシャ運
転手の生活や社会的な背景と日本との関わりについてお話します。
【講師プロフィール】
一橋大学・経済研究所教授。世界経済・比較経済研究部門で開発経済学、とり
わけ南アジアの経済発展について研究。インドのデリーで大規模なサイクリリキ
シャ運転手の調査を実施するなど、南インド各地で農村経済や家計・労働者、企
業家、学校教育、マイクロファイナンスなどに関する経済学的調査を実施。
【参加方法】
直接会場へお越しください。どなたでもご参加いただけます。参加費無料。予約不要。
【お問い合わせ】
air15npl @ gmail.com
【アーティスト・イン・レジデンス情報】

10/17 事業4(A.I.R.)講座のご案内(一般からの参加可能)

事業4. アーティスト・イン・レジデンス (A.I.R.) <受講生企画 Vol. 1>
次回講座のご案内

【レクチャー】
「都市的なものの感性」

声フェスの事業4のネパールのアーティストを招聘し、滞在制作を行う活動のリサーチとしてレクチャーを実施します。
どなたでもご参加いただけます。ご参加お待ちしております。

日時:2015年10月17日(土)17時〜19時
場所:大阪大学中之島センター201
https://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php
講師:酒井隆史 氏(大阪府立大学教授)
1965年生まれ。社会思想、社会学。
2012年『通天閣 新・日本資本主義発達史』で第34回サントリー学芸賞受賞。
参加方法:直接会場へお越しください。参加無料。どなたでもご参加いただけます。

【イントロダクション】
かつて都市は異質なものを引き付ける中心だった。そこに住む人達は、異質なものの襲撃を歓待し、感性的なレヴェルで肯定していくという作法を磨いてきた。大阪という場所ををその土着性とは別の側面から、その中心性から捉えてみること。エキセントリックなものと共存するユーモアを持ち、西日本から移動してくる労働者たちは互いの言葉をぶつけながら独特の言い回しを作ってきた。

工業化の時代、ある意味で工場は異質なものを引き付ける装置として機能した。
現在、脱工業化の時代の流れにアーティストは、深く関わっている。そして時として、アートは「都市的なもの」を否認し、排除するものとして使われることもある。

自分にはかりしれないものに対する感性、はかりしれないものを宙吊りにしながら肯定していく作法。混沌みたいなせめぎ合いの中で、ありあわせの事態、ありあわせの習慣、自分たちの中で蓄積されてきた掟でその都度判断していくという反射神経。
脱工業化の時代の都市のアートに、(かつての工場がそうであったように)異質なものを引きつけ、そして都市的な感性や作法を培養する装置となることを期待出来るだろうか。

【レクチャーの経緯】
本レクチャーはネパールの作家が滞在制作を行う企画のリサーチとして実施される。
招聘作家のジュピター・プラダンは今年の7月に大阪で9日間のリサーチを行った。
企画段階で企画者は海外からアーティストを招聘し、大阪で滞在制作を行う上で土地の文脈や伝統や歴史を踏まえたサイトスペシフィクな要素を取り入れるということを考えていた。
しかし、滞在中の作家はそこまで強い土地への執着はないようで、企画者としても大阪という場所の土着性を強調し過ぎようとした感も否めない。
大阪の別の側面から眺めて、アプローチする方法を探るべく、今回のレクチャーを企画するに至った。

【お問い合わせ】
air15npl @gメール

【事業4】ジュピター・プラダンリサーチ滞在ふりかえり及び今後について

【事業4】 「アーティスト・イン・レジデンス (A.I.R.) <受講生企画 Vol. 1>」お知らせ(問い合わせ先:事業4[air15npl@gmail.com])

直前のご案内となり申し訳ありませんが、ご都合お繰り合わせの上、ご参加下さい。

7/22-30にリサーチのため滞在いたしておりましたネパール人アーティスト、ジュピター・プラダンは、大阪府下を文化や人々とふれあい、精力的にリサーチをして帰国いたしました。

8/2の「アジア現代美術とAIR」講座も合わせてのふりかえり、
及び、本受講生企画の今後の事業運営についてお話したいと考えています。

ご参加頂いた方のみならず、あいにくリサーチへの同行や講座へご参加いただけなかった方や、
今後関わりたいと思われている方も是非ご参加ください。

内容:
1.ジュピター・プラダン、リサーチ滞在ふりかえり
2.現状報告
3.今後の運営について

日時:8月8日(土)10:00〜11:30
会場:アートエリアB1
〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-1 京阪電車なにわ橋駅 地下1階
Tel&Fax: 06-6226-4006http://artarea-b1.jp/access/