カテゴリー別アーカイブ: 1. フェスティバルの理念と運営

3/6 クロージング・シンポジウム開催のお知らせ【申込不要、入場無料】

大阪大学文学研究科主催で始まった芸術祭は今年度で3年目を迎えます。

平成27年6月から始まった、本年度の芸術祭は3月で終わりとなります。

最後に全体を統括する、クロージング・シンポジウムを開催いたします。

このクロージング・シンポジウムは受講生によって、立案・企画・制作されました。

今回のシンポジウムでは徳島県神山町のアーティスト・イン・レジデンスを取り上げました。

国際文化村をつくろうという県のプランから1999年に始まった、神山町でのアーティスト・イン・レジデンスは、現在では  取り組み自体も自立し、特に海外のアーティストからの注目を集めています。

また、この動きがワーク・イン・  レジデンス(企業誘致)や人口の転入にもつながり、まちづくりにおいてもその取り組みが注目を集めています。

今回はその取り組みの考え方、実践例を紹介しながら、アートマネジメントの考え方や、アートの社会に対する  活かし方、可能性などについてスタートメンバーであるNPO法人グリーンバレー副理事長  森氏にご講演いただき、

その他受講生による現地レポートも含め、参加者を交えて意見交換、情報共有を行います。

申込不要、入場無料で、どなたでもご参加頂けます。大阪大学中之島センターでお待ちしております。
クロージング・シンポジウム
“ひとを支える、まちを変える、しごとをつくる“アートのちから””

日時:2016年3月6日(日)14:00〜17:00(13:30 受付開始)

場所:大阪大学中之島センター 講義室304(入場無料、申込不要)

講演「“ひとを支える、まちを変える、しごとをつくる“アートのちから”~神山町アーティスト・イン・レジデンスの軌跡~」

講師:NPO法人グリーンバレー副理事長森昌槻氏 (神山アーティスト・イン・レジデンス初代会長)

当日のスケジュール予定
14:00~ 開会あいさつ
14:10~ 企画者の受講生による神山町の紹介、報告、森氏との対話など
15:00~ 森氏講演
16:00~ 意見交換、質疑応答
17:00~ 閉会あいさつ

(時間は予定です。変更になる場合があります。)

「声フェス」クロージングチラシ

「声フェス」クロージングチラシ.PDF

 

「声なき声、いたるところにかかわりの声、そして私の声芸術祭Ⅲ」レポートについて

課題:A4用紙2〜5枚程度で、以下の3つの問について答えてください。

問1.「声フェス」の8つのプログラムのうち、あなたはどれに参加しましたか?日付も含めてお答えください。
*答の例:6月27日のオープニング・セミナーに参加。

問2.問1で挙げたプログラムに参加して何を学びましたか?

問3.今年度の芸術祭で学んだことを今後どのように生かしていきたいですか?

提出先: koefes@let.osaka-u.ac.jp

なおメールの件名は「声フェス3レポート(氏名)」としてください。

締め切り:2016年2月12日(金)13時(必着)

(注意)

1.修了の判定は、必修の4ポイントを含む10ポイントを履修したかどうかとレポートの2つの観点から行います。

2.修了が認められた受講生には、修了書を授与します。

3.授与式は平成28年3月6日(土)のクロージング・シンポジウム後に行います。

オープニング連続イベント アート・フェスティバル基礎講座 「アート・フェスティバルに学ぶ」

1. フェスティバルの理念と運営
vol.1 オープニング・セミナー「アート・フェスティバル基礎講座」

6月27日(土)
・全体の説明と芸術祭に携わる先生からご挨拶
・蓮行先生講義:ワークショップも兼ねた、アートマネジメントについての講義

6月28日(日)
・永田先生講義:能勢浄瑠璃や台湾の林文中舞踊団の現代化について解説
・伊東先生講義:作曲家の三輪眞弘さんの活動について紹介

7月4日(土)
・富田先生講義:公共・移民・他者・共生・芸術などについて
・シニア・フェロー講義:アーティスト・イン・レジデンスの経験の紹介と簡単なワークショップ

7月5日(日)
・木ノ下先生講義:社会背景などにも目を向けて国内外の芸術祭を紹介
・シニア・フェロー講義:伝統芸術の継承について、神楽に焦点をあてた講義

7月11日(土)
・古後先生講義:記録と芸術の関係についての講義
・田中先生講義:過去2年間の芸術祭を振り返り、それらを今年度どう活かせるかの考察

7月12日(日)
・カイ・ファン・アイケルス先生(ベルリン自由大学)講義とワークショップ:
自分自身の身体について、どこまで把握できているのか、できていないのか、想像によってどこまで感覚を広げられるかなどについて理論と実践で体験