カテゴリー別アーカイブ: 7. サイトスペシフィック・アートと都市魅力創造

クロージング・シンポジウム3月14日(土)受講生・一般の方へのお知らせ

声フェスⅡクロージング・シンポジウム

日時:平成27年3月14日(土)

会場:豊中キャンパス 文法経講義棟1階 文13教室
文法経講義棟の地図は以下でご確認ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access

 

対象:関係者が主体ではありますが、一般公開致します。なお、入場は無料です。

時間割
14:00〜15:00 各事業担当者による振り返り
15:00〜17:00 受講生代表による振り返りとディスカッション 受講生の司会1名
17:00〜 修了証授与式

 

サイトスペシフィック・アートと都市魅力創造【1月17日(土)受講生・一般の方へのお知らせ】

NAMURA ART MEETING ’04-’34 Vol.5

「臨界の芸術論 II .FN/10年の趣意書」

プロジェクト・ミーティング&公開インタビュー

ゲスト港 千尋(写真家・写真評論家)

 

2015117日(土)17:0019:30

日 時:2015117日(土)17:0019:30

会 場:名村造船所跡地・BLACK CHAMBER

 

NAMURA ART MEETING N”04-N”34は、2004年から10年に渡り《理論》と《実践》のプラットフォームを構築してきました。このプラットフォームで起きた〈出来事〉を、過去の記憶や記録、記述から抽出し、それらをほぐし解体し、断片化された情報を眺め分類し、再び統合しなおした上で脚注を付加することにより新たな物語『臨界の芸術論』として紡ぎ直します。

 

3回目となる今回は、ゲストに港千尋さんをお招きし、「アーカイブにおける〈創造〉」をテーマにお話しをいただきます。さらに、芸術監督を務める「あいちトリエンナーレ」の 展望とあわせてお伺いする予定です。

 

ゲストプロフィール

港 千尋(みなと ちひろ), 写真家・写真評論家, 早稲田大学政治経済学部卒業。あいちトリエンナーレ2016、芸術監督。2013年より国際交流基金国際展事業委員を務める。群衆や記憶など文明論的テーマをもちつつ、研究、作品制作、展覧会、出版、キュレーション等、幅広い活動を続けている。著作『記憶創造と想起の力』(講談社/96年)でサントリー学芸賞、展覧会「市民の色」で伊奈信男賞を受賞。2006年釜山ビエンナーレ共同キュレーター、2012年台北ビエンナーレ共同キュレーター、2007年ヴェネツィアビエンナーレ国際美術展日本館コミッショナー。

 

参考URL

 

アクセス

サイトスペシフィック・アートと都市魅力創造【12月23日(火)受講生・一般の方へのお知らせ】

【明日12/23(火祝)鉄道芸術祭vol.4 クロージング!

野村誠ライブ&トーク(無料!)
ピアノ×箏×倍音による『京阪電車の46駅の音楽』お披露目コンサート】

詳細はこちら

11月に行なった野村誠ワークショップ「京阪沿線46駅の音楽」では、昨年の松岡正剛氏との鉄道芸術祭vol.3「上方遊歩46景」で集めた京阪沿線各駅の情報を元に、野村さんの導きによって、ひと駅ずつの曲のイメージスケッチを行ないました。

野村誠氏ブログにて、『京阪電車の46駅の音楽』についてアップされています。野村さんの作曲の秘訣&ユニークな視点と参加者の方々との共作の様子が伺えます。コンサートの前に、後に、各駅=各曲のエスキースをご参照下さいませ。  正しくフリーハンドで画かれた曲のイメージスケッチを元にして、野村さんが46駅を各駅停車・快速・特急ごとに演奏する楽器(ピアノ・箏(こと)・倍音=口琴/ホーメイ/イギル)を編成・構成! 鉄道芸術祭vol.4/音のステーションの最終日!お披露目コンサートとワークショップや作曲内容について語るトークを開催しますので、ぜひ、ご参加ください。日時 12月23日(火・祝)15:00~18:00(ライブ&トーク)演奏 野村誠(作曲家)、竹澤悦子(地歌箏曲家)、尾引浩志(口琴/ホーメイ/イギル奏者)会場 アートエリアB1

「声フェスⅡ」のレポートについて【受講生の方へのお知らせ】

受講生の皆様

平成26年度、「劇場・音楽・美術館等と連携するアート・フェスティバル人材育成事業」のレポートを下記の日程及び提出先にご提出ください。課題は各自でダウンロードし、内容をご確認の上、作成をお願いいたします。なお、ダウンロードされるファイルはWord形式になっております。

締め切り:3月10日(火)15時

提出先:アート・フェスティバル人材育成事務局

声フェスⅡレポート課題

 

 

サイトスペシフィック・アートと都市魅力創造【12月9日(火)受講生・一般の方へのお知らせ】

NAMURA ART MEETING ’04-’34 Vol.05
臨界の芸術論Ⅱ〜10年の趣意書
プロジェクト・ミーティング&インタビュー

2014年12月9日[火] 19:00-20:30 ゲスト:松尾惠

NAMURA ART MEETING ’04-’34は、2004年から10年に渡り《理論》と《実践》のプラットフォームを構築してきました。このプラットフォームで起きた〈出来事〉を、過去の記憶や記録、記述から抽出し、それらをほぐし解体し、断片化された情報を眺め分類し、再び統合しなおした上で脚注を付加することにより新たな物語『臨界の芸術論』として紡ぎ直します。

第二回目はVol.00-02までの4年間に渡って実行委員を務めた松尾惠さんをお招きし、NAMURA ART MEETING ’04-’34の経緯や当時の出来事などについてお伺いします。

※第三回目は1月17日[土]ゲスト:港千尋さんです。

プロフィール:松尾惠(まつおめぐみ)
MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/wディレクター。
1986年にギャラリーを開設し、主に現代美術の若手紹介。2010年より「超京都」主催。1990年代初めから京都の文化行政にかかわる。公益財団法人京都市芸術文化協会(京都芸術センター指定管理者)理事、公益財団法人京釜文化振興財団評議員、PARASOPHIA2015京都国際現代芸術祭プロフェッショナル・アドバイザリー・ボード。京都市立芸術大学、京都嵯峨芸術大学、京都造形芸術大学大阪藝術学舎等において現代美術やアートマネジメント関連の非常勤講師。
会 場:名村造船所跡地(大阪市住之江区北加賀屋4丁目1番55号クリエイティブセンター大阪)

アクセス:http://www.namura.cc/access.html

チラシ緑_R

サイトスペシフィック・アートと都市魅力【10月のプロジェクトのお知らせ】

名村造船所跡地における30年間のプロジェクトである、NAMURA ART MEETING ’04-’34は、《セオリー・アンド・プラクティス》の実験場であり、遭遇と合流のためのプラットフォームです。
ここでの〈出来事〉を、過去の記憶や記録、記述から抽出し、それらを解きほぐし解体し、断片化された情報を分類し、再び統合しなおすことにより新たな物語『臨界の芸術論Ⅱ 10年の趣意書』として紡ぎ直します。

■第1回 プロジェクト・ミーティング&インタビュー
NAMURA ART MEETING ’04-’34はどのようにして始まり、何が起こったのかについて本実行委員会の呼びかけ人であり、現アドバイザーの小原啓渡氏に公開インタビューを実施。合わせて、これまでの記録映像やアーカイブも公開します。

日時:2014年10月25日[土] 17:00-19:30
会場:名村造船所跡地[大阪市住之江区北加賀屋4-1-55]
インタビュイー 小原啓渡[アートコンプレックス 統括プロデューサー]
料金:無料[定員:50名]
連絡先: NAMURA ART MEETING ’04-’34事務局
E-mail office@nam04-34.jp

———————————————————————————————————

NAMURA ART MEETING’04-’34 Vol.05

「臨界の芸術論Ⅱ―10年の趣意書」

プロジェクト・ミーティング&インタビュー

 

NAMURA  ART MEETING webサイト

NAMURA  ART MEETING Facebook

 

【サイトスペシフィック・アートと都市魅力創造】講座対象事業

鉄道芸術祭vol.4「音のステーション」

オープニングイベント&クロージングイベント

■会場 アートエリアB1

■ウェブサイト:

■Facebookイベントページ:

「サイトスペシフィック・アートと都市魅力創造」では、大阪中之島地域の都市創造に寄与するアートエリアB1の秋の企画展「鉄道芸術祭」を対象事業の1つとしています。

 

〈音・技術・ネットワーク〉をテーマにした「鉄道芸術祭」における本講座のプログラムでは、オープニングとクロージングイベントを対象とし、講座参加者によるブレストから生まれたアイデアを元に企画内容を展開しています。

 

10/18のオープニングイベントは、三田村管打団?が一般の参加者とともに織りなす屋外パレードと、出展作家によるギャラリートーク、パーティーを開催します。

 

12/23のクロージングイベントは、作曲家の野村誠さんと一般参加者による駅名をテーマにした曲のお披露目コンサートとトークを開催します。(11月の曲作りのワークショップは任意参加・要申込=アートエリアB1まで)

 

また、展覧会では講座参加者のアイデアを発展させた、来場者の声をテーマにした参加型の展示も予定しています。

 

その他、本講座対象ではありませんが、会期中には多彩なプログラム(要申込・有料含む)もありますので、詳細はアートエリアBwebや各種案内を参照して下さい。

 

--------------------------------

1)オープニングイベント

1018日(土)13:00─18:00(参加無料/申込不要)

kinosita1024

 

【開催概要】

ゲスト:
〈パレード〉三田村管打団?
       +一般参加(好きな楽器を持って、アートエリアB1へお集まりください)
〈アーティストトーク〉宇治野宗輝、江崎將史、八木良太、和田晋侍
プログラム:
13:00
14:00 三田村管打団?+一般参加者によるパレード
14:00
16:00 展覧会出展アーティストによるギャラリートーク

16:00
18:00 オープニングパーティー

「三田村管打団?によるパレード」は、なにわ橋駅周辺の地上広場にて、開催を予定しています。

 

--------------------------------

2)クロージングイベント

野村誠コンサートライブ&トーク

「ピアノのための46の小品『京阪電車』お披露目コンサート」

1223日(火・祝)15:0018:00(参加無料/申込不要)

 

11月の作曲ワークショップにて作曲家の野村誠氏と参加者によって紡ぎだされた、京阪電車46駅にまつわる楽曲を初披露!野村誠氏とゲストミュージシャンによるコンサートによって、「鉄道」と「音」をテーマに開催する本展の幕を閉じます

【演奏】野村誠(作曲家)他