カテゴリー別アーカイブ: 6. 美術と絵画資料の展覧会企画と運営

クロージング・シンポジウム3月14日(土)受講生・一般の方へのお知らせ

声フェスⅡクロージング・シンポジウム

日時:平成27年3月14日(土)

会場:豊中キャンパス 文法経講義棟1階 文13教室
文法経講義棟の地図は以下でご確認ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access

 

対象:関係者が主体ではありますが、一般公開致します。なお、入場は無料です。

時間割
14:00〜15:00 各事業担当者による振り返り
15:00〜17:00 受講生代表による振り返りとディスカッション 受講生の司会1名
17:00〜 修了証授与式

 

「土居次義 記憶と絵画」リサーチ・セミナー【1月6日(火)-10日(土)受講生・一般の方へのお知らせ】

リサーチ・セミナー「土居ノートと美術史研究」
開催日:平成27年1月10日(土)
会場:京都工芸繊維大学工芸資料館  (美術工芸資料館3F会議室)
対象:受講生
講師:山下善也(東京国立博物館)、五十嵐公一(兵庫県立歴史博物館)、多田羅多起子(京都造形芸術大学非常勤講師)、並木誠士(京都工芸繊維大学)、奥平俊六(大阪大学文学研究科)

スケジュール(美術工芸資料館3F会議室)
開場 13:15
13:30~13:50
並木誠士      「土居ノートと京都工芸繊維大学」
奧平俊六      「土居ノート・プロジェクトについて」

(美術工芸資料館1F展示室に移動)

14:00~15:00
山下善也         「狩野山楽・山雪、魅力の絵画へのまなざし」
多田羅多起子    「等伯・信春同人説、その決定的瞬間」    「狩野永良「画伝集」について」
五十嵐公一     「鶴沢派研究の先鞭」

(休憩)

15:10~16:10
奧平俊六        「実相院の京狩野と江戸狩野」「大下藤次郎と土居次義」
多田羅多起 子  「スケッチ、細部に注目する、手で写すこと」
質疑

(美術工芸資料館3F会議室)

16:10~16:30
奧平俊六     「ごあいさつ」
アンケート記入

 

 

展覧会「土居次義 記憶と絵画」
開催日:平成27年1月6日(火)~10日(土)
会場:京都工芸繊維大学工芸資料館
時間:10時~17時 (入館は16:30まで 入場無料)
対象:受講生・一般

「声フェスⅡ」のレポートについて【受講生の方へのお知らせ】

受講生の皆様

平成26年度、「劇場・音楽・美術館等と連携するアート・フェスティバル人材育成事業」のレポートを下記の日程及び提出先にご提出ください。課題は各自でダウンロードし、内容をご確認の上、作成をお願いいたします。なお、ダウンロードされるファイルはWord形式になっております。

締め切り:3月10日(火)15時

提出先:アート・フェスティバル人材育成事務局

声フェスⅡレポート課題

 

 

【受講生】土居ノートの展示プラン【ワークショップのお知らせ】

ワークショップのご案内
開催日:平成26年9月6日(土)13:00-16:00
会場:大阪大学(豊中キャンパス)文法経本館464教室

対象:受講生
講師:川西由里(島根県立石美美術館)、 五十嵐公一(兵庫県立歴史博物館)、 多田羅多起子(美術史家)、 山下善也(東京国立博物館)、 奥平俊六(大阪大学文学研究科)
講演:プログラム

12:50 受付開始
13:00 「経緯および展示場所について」奥平俊六
13:20 「土居次義と大下藤次郎」川西由里
14:00 質疑
14:20 (休憩)
14:40  「土居ノートと京狩野」山下善也(東京国立博物館)
15:00  「土居ノートと鶴沢派」五十嵐公一(兵庫県立歴史博物館)
15:20  「見ること、写すこと-土居ノートの諸相」多田羅多起子(京都造形芸大)
15:40 質疑
16:00 終了