カテゴリー別アーカイブ: 平成26年度プログラム

国際ワークショップー芸術と公共性【受講生・一般の方へのお知らせ】

国際ワークショップ――芸術と公共性

 

1日目:「ダンスから社会へ――身体内のリズムと身体間のリズム」

日時:201537日(土)10:3014:00 (途中昼食休憩あり)

会場:大阪大学中之島センター 7702講義室

 

※途中昼食休憩あり。中之島センターにはカフェテリア「スコラ」があります

(2階)。

※ワークショップ終了後、観客の反応自体を行う実践として、希望者で舞台公演を観劇します。

 

創生劇場「Ophelia Glass -暗黒ハムレット-」

開場:15:30 開演:16:00

会場:先斗町歌舞練場(京都市中京区先斗町三条下ル)

料金:一般前売券 2500円  学生&ユース(25歳以下)券 1500

*当日券は500円アップ

*全席指定席

以下のサイトで詳細をご確認の上、チケットは各自でご予約下さい。

http://www.kac.or.jp/events/15103/

 

 

2日目:「即興――自由とパフォーマンス」

日時:201538日(日)13:3018:00

会場:大阪大学豊中キャンパス 文法経講義棟1階文11講義室

 

対象:両日とも40名受講生/一般

講師:カイ・ファン・アイケルス(ベルリン自由大学客員教授)

司会:田中均

通訳:伊藤拓

※ワークショップ当日は動きやすい服装でお越し下さい。

 特に8日(日)は、裸足になることがあります。

クロージング・シンポジウム3月14日(土)受講生・一般の方へのお知らせ

声フェスⅡクロージング・シンポジウム

日時:平成27年3月14日(土)

会場:豊中キャンパス 文法経講義棟1階 文13教室
文法経講義棟の地図は以下でご確認ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access

 

対象:関係者が主体ではありますが、一般公開致します。なお、入場は無料です。

時間割
14:00〜15:00 各事業担当者による振り返り
15:00〜17:00 受講生代表による振り返りとディスカッション 受講生の司会1名
17:00〜 修了証授与式

 

市民参加型演劇とアウトリーチ【2月21日(土)受講生・一般の方へのお知らせ】

◆市民参加型演劇とアウトリーチ
市民劇の観劇&レクチャーのお知らせ

※この日は、本プログラムの題材となっております、吹田市民劇の鑑賞も合わせて行います。
講義のみの参加でも可能です。
観劇をご希望の方は、観劇料金が発生しますので、ご注意下さい。
観劇料金は、一般前売り1800円、当日2200円/学生1500円(前売り、当日共)
事前に参加申し込みをいただければ、受講生割(前売り料金から1割引)でご予約を承ります。

◆◆観劇と講義に参加の場合
平成27年2月21日(土)
15時~16時20分 「湯けむりに花」観劇(各自、開演までにご来場ください。)
16時20分~16時50分 アフタートーク
17時~18時30分  最終講義/講師:川南恵(舞台芸術コーディネーター、大阪芸術大学非常勤講師)/蓮行
講義会場は、吹田メイシアター事務室奥の会議室になります。
終演後、メイシアター受付(1F)に集合してください。

◆◆講義のみの参加の場合
17時にメイシアター受付(1F)に集合してください。

 

=====公演情報=====
メイシアター×大阪大学共同事業
「湯けむりに花」作:横山拓也(iaku) 演出:小原延之  監修:蓮行

 

■公演日時 2014年2月 21日(土) 15:00

22日(日)11:00/15:00開演開場は各30分前

■公演場所 吹田メイシアター 小ホール
■入場料 一般1,800円 当日2,200円 学生1,500円

※全席自由席

※チラシ1ダウンロードはこちら  ※チラシ2ダウンロードはこちら

下の申し込みフォームに、お名前、メールアドレス、タイトルは適宜、本文には公演の日時及びチケットの種類、ご希望の数をご記入の上、送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

市民参加型演劇とアウトリーチ【2月7日(土)8日(日)22日(日)受講生・一般の方へのお知らせ】

◆市民参加型演劇とアウトリーチ

公募型演劇ワークショップ(アウトリーチ)開催のお知らせ

 

開催日時

2月7日(土)14時〜16時30分 @吹田メイシアター第1練習室

2月8日(日)10時〜12時@吹田メイシアター集会室
※千里市民センターから変更となりました。

2月22日(日)9時30分〜12時@千里市民センター 多目的ルーム①

 

対象:受講生/一般

講師:劇団衛星 ほか 

内容:3日間の演劇ワークショップを行い、参加者(こども)と一緒に創作をして発表会までを行います。

受講生、一般の参加者には、アシスタント講師や補助スタッフとしてワークショップに参加していただけます。

 

 

 

 

サイトスペシフィック・アートと都市魅力創造【1月17日(土)受講生・一般の方へのお知らせ】

NAMURA ART MEETING ’04-’34 Vol.5

「臨界の芸術論 II .FN/10年の趣意書」

プロジェクト・ミーティング&公開インタビュー

ゲスト港 千尋(写真家・写真評論家)

 

2015117日(土)17:0019:30

日 時:2015117日(土)17:0019:30

会 場:名村造船所跡地・BLACK CHAMBER

 

NAMURA ART MEETING N”04-N”34は、2004年から10年に渡り《理論》と《実践》のプラットフォームを構築してきました。このプラットフォームで起きた〈出来事〉を、過去の記憶や記録、記述から抽出し、それらをほぐし解体し、断片化された情報を眺め分類し、再び統合しなおした上で脚注を付加することにより新たな物語『臨界の芸術論』として紡ぎ直します。

 

3回目となる今回は、ゲストに港千尋さんをお招きし、「アーカイブにおける〈創造〉」をテーマにお話しをいただきます。さらに、芸術監督を務める「あいちトリエンナーレ」の 展望とあわせてお伺いする予定です。

 

ゲストプロフィール

港 千尋(みなと ちひろ), 写真家・写真評論家, 早稲田大学政治経済学部卒業。あいちトリエンナーレ2016、芸術監督。2013年より国際交流基金国際展事業委員を務める。群衆や記憶など文明論的テーマをもちつつ、研究、作品制作、展覧会、出版、キュレーション等、幅広い活動を続けている。著作『記憶創造と想起の力』(講談社/96年)でサントリー学芸賞、展覧会「市民の色」で伊奈信男賞を受賞。2006年釜山ビエンナーレ共同キュレーター、2012年台北ビエンナーレ共同キュレーター、2007年ヴェネツィアビエンナーレ国際美術展日本館コミッショナー。

 

参考URL

 

アクセス

サイトスペシフィック・アートと都市魅力創造【12月23日(火)受講生・一般の方へのお知らせ】

【明日12/23(火祝)鉄道芸術祭vol.4 クロージング!

野村誠ライブ&トーク(無料!)
ピアノ×箏×倍音による『京阪電車の46駅の音楽』お披露目コンサート】

詳細はこちら

11月に行なった野村誠ワークショップ「京阪沿線46駅の音楽」では、昨年の松岡正剛氏との鉄道芸術祭vol.3「上方遊歩46景」で集めた京阪沿線各駅の情報を元に、野村さんの導きによって、ひと駅ずつの曲のイメージスケッチを行ないました。

野村誠氏ブログにて、『京阪電車の46駅の音楽』についてアップされています。野村さんの作曲の秘訣&ユニークな視点と参加者の方々との共作の様子が伺えます。コンサートの前に、後に、各駅=各曲のエスキースをご参照下さいませ。  正しくフリーハンドで画かれた曲のイメージスケッチを元にして、野村さんが46駅を各駅停車・快速・特急ごとに演奏する楽器(ピアノ・箏(こと)・倍音=口琴/ホーメイ/イギル)を編成・構成! 鉄道芸術祭vol.4/音のステーションの最終日!お披露目コンサートとワークショップや作曲内容について語るトークを開催しますので、ぜひ、ご参加ください。日時 12月23日(火・祝)15:00~18:00(ライブ&トーク)演奏 野村誠(作曲家)、竹澤悦子(地歌箏曲家)、尾引浩志(口琴/ホーメイ/イギル奏者)会場 アートエリアB1

「土居次義 記憶と絵画」リサーチ・セミナー【1月6日(火)-10日(土)受講生・一般の方へのお知らせ】

リサーチ・セミナー「土居ノートと美術史研究」
開催日:平成27年1月10日(土)
会場:京都工芸繊維大学工芸資料館  (美術工芸資料館3F会議室)
対象:受講生
講師:山下善也(東京国立博物館)、五十嵐公一(兵庫県立歴史博物館)、多田羅多起子(京都造形芸術大学非常勤講師)、並木誠士(京都工芸繊維大学)、奥平俊六(大阪大学文学研究科)

スケジュール(美術工芸資料館3F会議室)
開場 13:15
13:30~13:50
並木誠士      「土居ノートと京都工芸繊維大学」
奧平俊六      「土居ノート・プロジェクトについて」

(美術工芸資料館1F展示室に移動)

14:00~15:00
山下善也         「狩野山楽・山雪、魅力の絵画へのまなざし」
多田羅多起子    「等伯・信春同人説、その決定的瞬間」    「狩野永良「画伝集」について」
五十嵐公一     「鶴沢派研究の先鞭」

(休憩)

15:10~16:10
奧平俊六        「実相院の京狩野と江戸狩野」「大下藤次郎と土居次義」
多田羅多起 子  「スケッチ、細部に注目する、手で写すこと」
質疑

(美術工芸資料館3F会議室)

16:10~16:30
奧平俊六     「ごあいさつ」
アンケート記入

 

 

展覧会「土居次義 記憶と絵画」
開催日:平成27年1月6日(火)~10日(土)
会場:京都工芸繊維大学工芸資料館
時間:10時~17時 (入館は16:30まで 入場無料)
対象:受講生・一般