カテゴリー別アーカイブ: 受講生へのお知らせ

3/6 クロージング・シンポジウム開催のお知らせ【申込不要、入場無料】

大阪大学文学研究科主催で始まった芸術祭は今年度で3年目を迎えます。

平成27年6月から始まった、本年度の芸術祭は3月で終わりとなります。

最後に全体を統括する、クロージング・シンポジウムを開催いたします。

このクロージング・シンポジウムは受講生によって、立案・企画・制作されました。

今回のシンポジウムでは徳島県神山町のアーティスト・イン・レジデンスを取り上げました。

国際文化村をつくろうという県のプランから1999年に始まった、神山町でのアーティスト・イン・レジデンスは、現在では  取り組み自体も自立し、特に海外のアーティストからの注目を集めています。

また、この動きがワーク・イン・  レジデンス(企業誘致)や人口の転入にもつながり、まちづくりにおいてもその取り組みが注目を集めています。

今回はその取り組みの考え方、実践例を紹介しながら、アートマネジメントの考え方や、アートの社会に対する  活かし方、可能性などについてスタートメンバーであるNPO法人グリーンバレー副理事長  森氏にご講演いただき、

その他受講生による現地レポートも含め、参加者を交えて意見交換、情報共有を行います。

申込不要、入場無料で、どなたでもご参加頂けます。大阪大学中之島センターでお待ちしております。
クロージング・シンポジウム
“ひとを支える、まちを変える、しごとをつくる“アートのちから””

日時:2016年3月6日(日)14:00〜17:00(13:30 受付開始)

場所:大阪大学中之島センター 講義室304(入場無料、申込不要)

講演「“ひとを支える、まちを変える、しごとをつくる“アートのちから”~神山町アーティスト・イン・レジデンスの軌跡~」

講師:NPO法人グリーンバレー副理事長森昌槻氏 (神山アーティスト・イン・レジデンス初代会長)

当日のスケジュール予定
14:00~ 開会あいさつ
14:10~ 企画者の受講生による神山町の紹介、報告、森氏との対話など
15:00~ 森氏講演
16:00~ 意見交換、質疑応答
17:00~ 閉会あいさつ

(時間は予定です。変更になる場合があります。)

「声フェス」クロージングチラシ

「声フェス」クロージングチラシ.PDF

 

「声なき声、いたるところにかかわりの声、そして私の声芸術祭Ⅲ」レポートについて

課題:A4用紙2〜5枚程度で、以下の3つの問について答えてください。

問1.「声フェス」の8つのプログラムのうち、あなたはどれに参加しましたか?日付も含めてお答えください。
*答の例:6月27日のオープニング・セミナーに参加。

問2.問1で挙げたプログラムに参加して何を学びましたか?

問3.今年度の芸術祭で学んだことを今後どのように生かしていきたいですか?

提出先: koefes@let.osaka-u.ac.jp

なおメールの件名は「声フェス3レポート(氏名)」としてください。

締め切り:2016年2月12日(金)13時(必着)

(注意)

1.修了の判定は、必修の4ポイントを含む10ポイントを履修したかどうかとレポートの2つの観点から行います。

2.修了が認められた受講生には、修了書を授与します。

3.授与式は平成28年3月6日(土)のクロージング・シンポジウム後に行います。

事業5「音/身体/メディアをめぐるワークショップ」追加上演のお知らせ

本事業で練習し、上演する三輪眞弘さんの曲
「みんなが好きな給食のおまんじゅうーひとりの傍観者と6人の当番のためのー」を岐阜 おおがきビエンナーレ2015 の前夜祭にて上演することが決まりました。

日時:2015年12月18日[金]18:30〜19:00
会場:ソフトピアジャパン・センタービル(岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地7)

詳細は http://www.iamas.ac.jp/biennale15/ にてご確認ください。

事業5「音/身体/メディアをめぐるワークショップ」上演会

三輪眞弘「みんなが好きな給食のおまんじゅうーひとりの傍観者と6人の当番のためのー」上演会

日時:2015年12月12日(土)13時〜14時半
   13:00- 作品上演(A, Bグループ)
   13:30- アフタートーク(三輪眞弘+芸術祭フェロー)
場所:大阪大学会館 21世紀懐徳堂スタジオ
*入場無料、申込なしで入れます

事業2「市民参加型演劇の企画とアウトリーチ」アウトリーチの企画会議

【2、市民参加演劇の企画とそのアウトリーチ】

市民参加演劇のアウトリーチの第1回企画会議を行います。
第2回の講義で 蓮行から説明がありましたが、プログラムの説明にも「吹田市文化

会館メイシアター及び民間劇場と連携したアートマネジメント研修WSのプログラムデザイン、小学校や地域への交渉、WS開催までを行う。」とありますように、受講生の皆さんで実際に企画・運営をしていただくことになります。すでに、積極的に動いてくださっている受講生の方もいらっしゃいますが、これからの参加でも構いませんので、ご興味がある方は可能であればご参加ください。
第1回目は平日なので参加が難しいかもしれませんが、今後、企画会議をあと1回、実践研修を1回行う予定です。講義外の実践になります全3回のこの部分については、3回中1回参加すれば出席として、ポイント認定の参考にさせていただきます。

以下、詳細です。
《2、市民参加演劇の企画とそのアウトリーチ 第1回企画会議》

日時 11月30日(月)14:00〜18:00

会場:アートコミュニティイスペースAKIKAN
〒600-8445 京都府京都市下京区岩戸山町440 江村ビル3F

会議内容 ・小学校でのワークショップについて
・アートマネジメント研修ワークショプについて

備考 ご不明点などございましたら、下記連絡先までお問い合わせください。
担当:松岡<matsuoka@cscd.osaka-u.ac.jp>※当日の緊急連絡先もこちらです。

事業6 次回講座のご案内(鉄道芸術祭 オープニングイベント)

鉄道芸術祭vol.5 ホンマタカシプロデュース
「もうひとつの電車 ~alternative train~」関連プログラム
オープニングイベント

見ること、それ自体に着眼する写真家のホンマタカシと多彩なゲストアーティストを迎えて開催する鉄道芸術祭vol.5「もうひとつの電車~alternative train~」は、多様な人々が行き交う駅や電車という環境をアーティスト独自の視点で見つめなおし、沿線リサーチによる作品展示や様々な関連企画を展開します。 オープニングでは、都市や建築、ストリートカルチャー等、様々な領域を横断しながら社会と空間の関係を考察する社会学者の南後由和をゲストに迎え、ホンマタカシとのトークを開催します。さらに、後半では、出展者の一人でもある音楽家の蓮沼執太による展示作品にちなんだ電子音楽や環境音を使ったライブパフォーマンスを行います。

日時:
10月24日(土)16:00~18:30 (参加無料・申込不要)

トークゲスト:
ホンマタカシ(写真家、鉄道芸術祭vol.5プロデューサー)
南後由和(社会学者、明治大学情報コミュニケーション学部専任講師)
進行:塚原悠也(アートエリアB1運営委員、NPOダンスボックスディレクター)

ライブゲスト:蓮沼執太(音楽家、鉄道芸術祭vol.5参加アーティスト)

全体進行:木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員、大阪大学CSCD教員)

主催:アートエリアB1、大阪大学文学研究科
共催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター
大阪大学国際公共政策研究科
大阪大学総合学術博物館
助成:平成27年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業(劇場・音楽堂・美術館等と連携するアート・フェスティバル人材育成事業)」
協力:大阪大学21世紀懐徳堂

プログラム詳細→http://artarea-b1.jp/archive/2015/1024821.php

事業5「音/身体/メディアをめぐるワークショップ」事前WS [受講生のみ対象]

「音/身体/メディアをめぐるワークショップ」事前WS

12月5日(土)、12月12日(土)に備え、予習会を行い、三輪さんよりご助言を頂きます。
WSの作品は12月と同様、三輪眞弘さんの「みんなが好きな給食のおまんじゅう」という作品です。

日時:10月10日(土)午後1時~3時
場所:大阪大学豊中キャンパス 文法経講義棟1F 文13教室
講師:三輪眞弘氏(IAMAS)
内容:作品上演のための指導など