カテゴリー別アーカイブ: NEWS

3/6 クロージング・シンポジウム開催のお知らせ【申込不要、入場無料】

大阪大学文学研究科主催で始まった芸術祭は今年度で3年目を迎えます。

平成27年6月から始まった、本年度の芸術祭は3月で終わりとなります。

最後に全体を統括する、クロージング・シンポジウムを開催いたします。

このクロージング・シンポジウムは受講生によって、立案・企画・制作されました。

今回のシンポジウムでは徳島県神山町のアーティスト・イン・レジデンスを取り上げました。

国際文化村をつくろうという県のプランから1999年に始まった、神山町でのアーティスト・イン・レジデンスは、現在では  取り組み自体も自立し、特に海外のアーティストからの注目を集めています。

また、この動きがワーク・イン・  レジデンス(企業誘致)や人口の転入にもつながり、まちづくりにおいてもその取り組みが注目を集めています。

今回はその取り組みの考え方、実践例を紹介しながら、アートマネジメントの考え方や、アートの社会に対する  活かし方、可能性などについてスタートメンバーであるNPO法人グリーンバレー副理事長  森氏にご講演いただき、

その他受講生による現地レポートも含め、参加者を交えて意見交換、情報共有を行います。

申込不要、入場無料で、どなたでもご参加頂けます。大阪大学中之島センターでお待ちしております。
クロージング・シンポジウム
“ひとを支える、まちを変える、しごとをつくる“アートのちから””

日時:2016年3月6日(日)14:00〜17:00(13:30 受付開始)

場所:大阪大学中之島センター 講義室304(入場無料、申込不要)

講演「“ひとを支える、まちを変える、しごとをつくる“アートのちから”~神山町アーティスト・イン・レジデンスの軌跡~」

講師:NPO法人グリーンバレー副理事長森昌槻氏 (神山アーティスト・イン・レジデンス初代会長)

当日のスケジュール予定
14:00~ 開会あいさつ
14:10~ 企画者の受講生による神山町の紹介、報告、森氏との対話など
15:00~ 森氏講演
16:00~ 意見交換、質疑応答
17:00~ 閉会あいさつ

(時間は予定です。変更になる場合があります。)

「声フェス」クロージングチラシ

「声フェス」クロージングチラシ.PDF

 

事業8 「ドキュメンテーション/アーカイヴ vol.2」勉強会

ダンス・アーカイヴに関する公開講演のお知らせ

7月に始まったドキュメンテーション/アーカイヴ事業では、本フェスティバルを”アーカイヴする”という動機をいかにかたちにするかいまだ試行錯誤中です。本事業を締めくくるにあたり、改めてドキュメンテーション/アーカイヴを、それを営む人間の行為、身体知に焦点をあてて見直す機会を設けたいと思います。
講師のズザンネ・フェルマー氏は、1980年代以降の”記憶芸術”の興隆や記憶と記録をめぐる社会的な議論を踏まえ、記憶遺産の創造的利用によりめざましい成果を上げているドイツのパフォーミング・アーツ、とりわけダンスの専門家です。文化遺産としての舞踊創造の促進を打ち出した文化政策とそれを受けた新たな創作群、ピナ・バウシュの遺産のアーカイヴ化などで注目されるドイツのダンス・シーンについて、具体例を交えてお話いただきます。講演を通して、物理的な対象のないプロジェクトやイベントを残すとは、現状でいかなる文脈に置かれ、未来の何に資する仕事なのか?みなで考える糸口になればと思います。

講演:舞踊における時限的な場所としてのアーカイヴ ”The Archive as Temporal Situation in Dance”

日時:2月20日(土)13:30-15:00

会場:大阪大学中之島センター 講義室702

料金:無料

言語:英語(逐次通訳つき、通訳:伊藤拓)

お申し込み:特に不要ですが、準備の都合上、お名前と人数だけ、メールで簡単にお知らせいただけますと助かります。

お申し込み・お問い合わせ先:koefespublic@gmail.com[担当:古後]

講師:スザンヌ・フェルマー Susanne Foellmer  ベルリン自由大学(演劇学、舞踊学)准教授。

主な研究領域は、コンテンポラリーダンスとワイマール期のダンスの美学と身体論、ダンスと映像やビデオといったメディアの関係、コンテンポラリーダンスとパフォーマンスにおけるジェンダー論的視点、時間性やパフォーマンスの歴史性に関する概念。 2004年春よりドイツ研究振興協会(DFG)の研究プロジェクト “ÜberReste. Strategien des Bleibens in den Darstellenden Künsten” (On Remnants and Vestiges. Strategies of Remaining in the Performing Arts)を進めている。
ダンスカンパニーRubato、ジェレミー・ウェイド、イザベル・シャッドらのドラマトゥルクを務めた経験もある。2008-2011年にかけてベルリン州文化庁・ダンス演劇部門審査委員会委員、 2009年博士論文でベルリン大学賞・ティブルティス賞受賞、ベルリン自由大学エルンスト・ロイター賞最終ノミネート。

主要研究業績:Valeska Gert. Fragmente einer Avantgardistin in Tanz und Schauspiel der 1920er Jahre [Fragments of a Vanguard Dancer and Actress in the 1920s] (2006), Am Rand der Körper. Inventuren des Unabgeschlossenen im zeitgenössischen Tanz [On the Bodies’ Edge. Inventories of the Unfinished in Contemporary Dance] (2009), “Next Generations: Thoughts on the Now in the Future”, in Dance [and] Theory, edited by Gabriele Brandstetter and Gabriele Klein (2012).

 

事業7 「伝統芸術の現代化(受講生企画 Vol.2)」展覧会のお知らせ

「伝統芸術の現代化」プロジェクトは、今年度受講生が主体となって進めてきました。今年度のテーマを、神楽(かぐら)とし、2015年10月か ら実地研修とワークショップを行ってきました。そのプロセスと成果を公開する展覧会を実施します。展覧会Ⅰは昨年度までの講座をふまえた、能勢浄瑠璃と林 文中舞踊団の記録を、展覧会Ⅱでは受講生の視点から神楽を 切りとった展示を企画制作します。
展覧会Ⅰでは「伝統音楽とパフォーマンス -能勢と台湾-」と題して、昨年度までの講座をふまえた、能勢浄瑠璃と林文中舞踊団の記録の展覧会を開催いたします。
また、展覧会Ⅱでは「神楽と私」をテーマに、プロジェクトメンバーそれぞれの視点から神楽を切りとった展示を企画制作します。

会期中にはその他にも、MOGURA KAGURAによる「オープニングライブ・KAGURA _koefes version」(2月4日(木)20:00〜)や、Plant M + takayasu kaguraによる「祭礼2016 _koefes version 」のパフォーマンス(2月5日(金)14:00/19:00、2月6日(土)14:00、2月7日(日)11:00/14:00)、「伝統芸術の現代化_ 総括シンポジウム」(2月6日(土)15:30)といった関連イベントを開催いたします。

*日時=2016 年2月5日(金)~7日(日)12時から20時(最終日は18時まで)

*会場=イロリムラ(大阪市北区中崎1丁目4番15号)

*料金=無料

イベント予約・お問い合わせ
【パフォーマンス・シンポジウム・ライブ】
[専用WEBフォーム](24時間受付・チケット予約のみ対応)
https://www.quartet-online.net/ticket/koefestradition

伝統芸術の現代化プロジェクト
[E-mail]koefestradition@gmail.com
声フェスHP http://koefes.org/7-tradition_fellow2015/
伝統芸術の現代化 Facebookページ https://www.facebook.com/koefestradition/
伝統芸術の現代化 特設HP http://koefestradition.tumblr.com

会場=イロリムラ(大阪市北区中崎1丁目4番15号)
地下鉄谷町線中崎町駅❶番出口よりJR環状線高架下へ徒歩2分
(各展示会場・イベント会場はイロリムラ内にあります)
http://irori2005.com/

 

声フェス・伝統芸術の現代化展覧会
声フェス・伝統芸術の現代化展覧会

4. アーティスト・イン・レジデンス (A.I.R.) リキシャ巡行のお知らせ


「4. アーティスト・イン・レジデンス (A.I.R.) <受講生企画 Vol. 1>」では、アーティスト、ジュピター・プラダンが12月17日に来日し、滞在制作を行っています。
その成果として、リキシャを作成し大阪市内を巡行することとなりました。

1月7日にはリキシャが西成区・ナニワ企業団地協同組合を出発し、1月16日の中之島到着を目 指す旅に出ています。テーマは「Home away Home」。到着後、ゴールの中之島の新美術館建設予 定地には一週間だけの「公園」が出現します。

事業4では1年を通して、受講生企画としてリサーチやアーティストとの共同制作などを行って きました。この巡行と、それに並行して行われる企画は事業4の集大成となります。詳細は最下部の巡行スケジュール (PDF) とチラシをご参照ください。

期間中のリアルタイムでの様子やリキシャの走行地点をFacebook、Twitter, Instagram、ブログで発信しています。
Facebook : A.I.R Osaka University Art Festival
Twitter : koefes AIR
Instagram : air15npl
ブログ:http://air15npl.wix.com/air15npl
また、メール air15npl@gmail.com や電話050-5534-6345でも走行地点の確認や質問、参加 申し込みなど受け付けております。リキシャの耐久上、子どもたちが中心とはなりますが、リキシャ に乗っていただくこともできます。

④リキシャ巡行スケジュール.pdf

チラシジンリキシャoutline_omote4cチラシジンリキシャ裏outline_ura1c

 

事業2 「市民参加演劇の企画とアウトリーチ」第4回講座

【2、市民参加演劇の企画とそのアウトリーチ】の第4回目講座について、 下記を参照の上、参加してください。

日時:1月10日(日)13:00〜16:00

ゲスト講師:中埜浩之(NPO法人福井芸術・文化フォーラム/bound/演出家)

会場:アートコミュニティイスペースAKIKAN
〒600-8445 京都府京都市下京区岩戸山町440 江村ビル3F 内容

タイトル「市民参加型演劇とアウトリーチの可能性」
講座の頃には、アウトリーチ活動の実践として準備を進めているワークショップの日程も迫っているかと思います。実際の運営にあたってはどのようなことに留意すればよいのでしょうか。また、活動を単発的なものではなく継続させていくにはどうすればよいのでしょう。今回の講座では、市民参加型の芸術文化活動の可能性について、いくつかの実例をご紹介しながら、参加者の皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

備考 ご不明点などございましたら、下記連絡先までお問い合わせください。 担当:松岡<matsuoka@cscd.osaka-u.ac.jp>
※当日の緊急連絡先はプロジェクトリーダー・藤野<nanaonanana12@gmail.com>までお願いいたします。 ===================================

「声なき声、いたるところにかかわりの声、そして私の声芸術祭Ⅲ」レポートについて

課題:A4用紙2〜5枚程度で、以下の3つの問について答えてください。

問1.「声フェス」の8つのプログラムのうち、あなたはどれに参加しましたか?日付も含めてお答えください。
*答の例:6月27日のオープニング・セミナーに参加。

問2.問1で挙げたプログラムに参加して何を学びましたか?

問3.今年度の芸術祭で学んだことを今後どのように生かしていきたいですか?

提出先: koefes@let.osaka-u.ac.jp

なおメールの件名は「声フェス3レポート(氏名)」としてください。

締め切り:2016年2月12日(金)13時(必着)

(注意)

1.修了の判定は、必修の4ポイントを含む10ポイントを履修したかどうかとレポートの2つの観点から行います。

2.修了が認められた受講生には、修了書を授与します。

3.授与式は平成28年3月6日(土)のクロージング・シンポジウム後に行います。

事業4「アーティスト・イン・レジデンス (A.I.R.) <受講生企画 Vol. 1>」黒崎卓氏講演のお知らせ

事業4 アーティスト・イン・レジデンス 関連企画 黒崎卓氏 講演
AIRでは、ネパールの現代美術家のジュピター・プラダンがリキシャを制作し、大阪の街を引いて歩きます。
南アジアでは現在も日常生活の交通手段として使われているリキシャの運転手の方は、どのような生活をしているのでしょうか?
現地での調査をされている黒崎さんより、お話をお伺いします。
【タイトル】「南アジアのリキシャの現状と日本の国際協力」
 
【日時】2016年1月19日(火)18時~20時
【場所】中之島センター 201
【講師】黒崎 卓 氏
 
 【イントロダクション】
南アジア(インド、バングラデシュ、パキスタンなど)のサイクルリキシャ運
転手の生活や社会的な背景と日本との関わりについてお話します。
 
【講師プロフィール】
 一橋大学・経済研究所教授。世界経済・比較経済研究部門で開発経済学、とり
わけ南アジアの経済発展について研究。インドのデリーで大規模なサイクリリキ
シャ運転手の調査を実施するなど、南インド各地で農村経済や家計・労働者、企
業家、学校教育、マイクロファイナンスなどに関する経済学的調査を実施。
【参加方法】
直接会場へお越しください。どなたでもご参加いただけます。参加費無料。予約不要。
【お問い合わせ】
air15npl @ gmail.com
【アーティスト・イン・レジデンス情報】