【受講生・一般】ドキュメンテーション/アーカイヴ 9月27日 vol.1歴史的記録の転用とパブリック・カンバセーションの設計【変更のお知らせ】

「声が聞かれる場をつくる——クリストフ・シュリンゲンジーフ作品」

記録映画の上映会とパブリック・カンバセーション
日時:9月27日(日)12:30-19:00 (+30分ほどのダイアログあり)
場所:アートエリアB1

12:30- 記録映画『友よ!友よ!友よ!』上映

13:50- 記録映画『失敗をチャンスに』上映
※チラシでは15:30となっていました。訂正しお詫びします。

15:30- 映画版『フリークスター3000』上映《日本初公開》

17:00-19:00  (+30分ほどのダイアログあり)
パブリック・カンバセーション ファシリテーター:陸奥賢

ファシリテーターには、「まわしよみ新聞」「直観讀みブックマーカー」「関西顔ハメ看板普及委員会」「俺ベス10!」「非常食パーティー」「大阪あそ歩」などの考案者、陸奥賢氏を迎え、氏考案の「まわしよみ新聞」を行います。

「まわしよみ新聞」へのご参加はお席が限られるため、下記フォームよりご予約をお願い致します。
>>>http://goo.gl/forms/NBpRIsF4vn

【変更とおわび】
当初「当事者研究スゴロク」を予定しておりましたが、シュリンゲンジーフ作品と強く呼応するこの数ヶ月の社会の動き方と事業趣旨に鑑みて、最終イベントでは話題の選択幅の大きな「まわしよみ新聞」に変更を決めさせていただきました。
直前の変更、お知らせとなりましたことをお詫び申し上げます。

【ダイアログ開催】
『フリークスター3000』上映後17時頃〜
「まわしよみ新聞」完成後19時頃〜 (30分ほど)
陸奥賢氏とダイアログの場を設けます。
お時間のゆるすかぎりおつきあいいただけましたら幸いです。

企画全体の詳細は特設ページ[http://schlingensief.jimdo.com/]にてご覧いただけます。