【2、市民参加演劇の企画とそのアウトリーチ】第一回目講座

【2、市民参加演劇の企画とそのアウトリーチ】の第一回目講座について、
下記を参照の上、参加してください。

<日時> (1)8月22日(土)14:00〜17:00
(2)8月23日(日)14:00〜17:00
<ゲスト講師> (1)黒木陽子(天理医療大学、劇団衛星)
(2)中谷和代(ワークショップデザイナー)
<講演タイトル>(1)黒木陽子「アウトリーチの意義とその可能性」
(2)中谷和代「ワークショップデザインという視点」

<場所> アートコミュニティイスペースAKIKAN
〒600-8445 京都府京都市下京区岩戸山町440 江村ビル3F

<内容> 「劇場」は先端芸術を創作・発表する場であると同時に、市民の活動の発表やワークショップなどの体験に人が集う広場でもある。さらには、劇場で生み出された「芸術的・知的財産」は、劇場の外へとデリバリーされることが期待されており、それが劇場の「アウトリーチ」活動の考え方の土台になっている。本講座では、2日間にわたり、年度内に具体的な「劇場から地域への演劇WSのアウトリーチ活動」を実施するための、講義と企画会議を行う。PBLとOJTを合わせたような実践講座となる想定である。

<備考> ※ご不明点などございましたら、下記連絡先までお問い合わせください。
担当:松岡<matsuoka@cscd.osaka-u.ac.jp>