美術と絵画資料の展覧会企画と運営【9月6日(土)開催】

日時:2014年9月6日(土)13時から16時 場所:豊中キャンパス 文学部本館464教室 講師:五十嵐公一(兵庫県立歴史博物館)川西由里(島根県立石見美術館)tat明子(美術史家)山下善也(東京国立博物館)奥平俊六(大阪大学文学部研究科) 内容:現在京都工芸繊維大学に所蔵されている土居次義氏の遺した膨大なノートには、優れた美術史家が作品を実見した記憶が詰まっている。今回のワークショップでは、来年1月に開催する「土居次義 記憶と絵画」展にむけて、それぞれの講師が担当する土居ノートの展示案を受講者に提示し、意見を募った。展示では土居氏が専門とした近世絵画に関する調査記録や氏の観察眼を垣間みることのできるスケッチを素材に内容を充実させる予定である。さらに、土居氏が常に注目し、その方法をノートの模写にも生かした、近代の水彩画家・大下藤次郎との関わりも展示内容に加えることとし、大下藤次郎研究の専門家もお招きして、土居ノートを展覧会に生かす方法について話しあった。

奥平俊六よるワークショップ(1)

奥平によるワークショップ(1)

 

奥平俊六によるワークショップ(2)

奥平によるワークショップ(2)

 

土居ノートに関するワークショップ

土居ノートに関するワークショップ