オープニング・セミナー【開催】

7月5日(土)、6日(日)に、大阪大学文学部の芸術研究棟 芸3教室にて、オープニング・セミナーが開催されました。参加者は、受講生、一般参加を含めておよそ40名です。 オープニング1 全体の受講に関わるオリエンテーションの後、今年のオープニングには、公益社団法人 セゾン文化財団の久野敦子さんをお迎えし、グローバル化におけるアート・フェスティバルの新たな動向から、その社会的役割、諸問題について、助成財団の視点から講演をいただきました。 オープニング2 その後2日にわたって各プロジェクト担当講師が個別ガイダンスを行い、プロジェクト3「AIR(アーティスト・イン・レジデンス)」では、旧大阪大学石橋職員宿舎で会場視察も行いました。 オープニング3 アンケートでは、全体に芸術やフェスについての関心や期待が高まったという感想、生産的なご意見等たくさんいただきました。一年間よろしくお願いいたします。