リサーチとしてのアート・ワークショップ 第1回 ご案内

1日目:「声なき声が集まる場所、それはいかにして可能か?」
――デモクラシーをめぐる、政治思想とアートとの対話

ゲスト講師:仲正昌樹(金沢大学法学類教授)
講師:高山明(PortB)、林立騎(ドイツ語翻訳者・演劇研究者)
司会:田中均(大阪大学大学院文学研究科)
2013年9月28日(土)14:00~16:30
大阪大学豊中キャンパス・文法経講義棟2階・法22教室

2日目:「大阪で、「声を集める」プロジェクトを作る」

講師:高山明、林立騎 司会:田中均
2013年9月29日(日)13:00~15:00
大阪大学豊中キャンパス・文法経講義棟2階・法22教室

※講師プロフィールなど、詳細は以下をご参照ください。
http://h-tanaka-aesthetics.blog.so-net.ne.jp/2013-08-30
また、第2回以降のワークショップ、および他のプログラムについてはこちらをご覧ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/research/activities/projects/artfestival/contents

※プログラム受講生については、ワークショップ2日目への積極的な参加を重視します。

※受講生以外の方の来場も可能ですが、事前の申込みをお願いします。また、プログラムの性質上、受講生の参加が優先されますのでご了承下さい。

お問合わせ・お申込み: h_tanaka(at)let.osaka-u.ac.jp
(大阪大学大学院文学研究科・田中 均)

主催:人材育成プログラム「劇場・音楽堂・美術館等と連携するアート・フェスティバル人材育成事業-〈声なき声、いたるところにかかわりの声、そして私の声〉芸術祭-」